PROJECTS
AIを搭載した自動収穫ロボット

私たちは、これまでの価値観や考え方にはまらない創造性をもって開発に取り組んでいます。
従来の大型で多機能なロボットに対して、安価でシンプルなロボットをコンセプトに開発をしております。新しい機能を追加するのではなく、むしろ機能をシンプルにして、その性能を高めることで、海外展開を実現します。

AGRISTの2つの強み

農場が開発拠点/農家と共同開発
上場、M&Aなど経験豊富な経営陣

私たちの強みは、宮崎県新富町という施設園芸でも著名な地域の農家と連携した活動ができる事です。数々のロボットコンテストで入賞してきた高専卒業生らの技術力を結集して、スピード感を持って安価なロボットが制作できることです。
また、私たちの強みは、目の前に農場があることです。ロボット開発においてスピードは欠かせない重要な要素です。また農家の声を聞きながら開発研究を進めることができます。

農業の現場で本当に使えるを目指し
極限までシンプルを追求した
低コスト自動収穫ロボット

「100%全ての果実を収穫する完璧なロボットが完成したとしても、購入できないのでは意味が無い」という農家の声から生まれた私たちの収穫ロボットは、極限まで構造も機能もシンプルを追求した製品です。まずは、手前にある大きいサイズの果実を確実に収穫し、取りこぼしや木の弱体化を軽減することで、収穫量アップと所得向上を目指します。10アールあたり、パート1名と収穫ロボット1台が協働する、ロボットが人をサポートする農業を実現します。

農業の課題を解決

(1)人手不足の解消
・農家の慢性的な労働力不足や、深刻化する農地あまりに対応。
・パートを雇用してもベテランになるまでに長期間を要するが、収穫ロボットは導入時から高いパフォーマンスでのフル稼働が可能。

(2)人件費の圧縮
収穫ロボットには、初期導入費用やロボットが収穫した作物の出荷額にに対する10%のランニングコストは生じるが、パートの人件費負担を考慮すれば、ロボット導入後の農家の収益性が改善される。

(3)環境制御の向上による収穫量改善
収穫ロボットのハウス内巡回機能で病気の早期発見が可能となり、同農地面積での収量が増加。

ロボットの動作

(1)移動
・自己位置を把握しながらハウス内に位置したワイヤー上を移動
・地面にレールなどが不要。ワイヤーは一般的な農業資材の鋼線を利用。

(2)認識
・カメラ画像からピーマンとサイズを認識、画像データを蓄積しながら深層学習。利用頻度と並行しロボットの能力が向上。
・ハウス内の現在位置を認識しハウス各所の収量分布をデータ化。病気の早期発見が可能。

(3)収穫
・アームが稼働しピーマンを収穫。アームは上下・奥行き方向に伸縮、ピーマンを把持し茎を切断。本体のリザーブタンクで一時保管し、5㎏程度溜まったらコンテナに放出。

※稼働時間
・年間累計で一般的なパート以上の収穫を実現。一般的なパートと比較し、時間あたりの収量は落ちるが、夜間・休日も作業するため、年間累計収穫量はパート水準を上回る。(24時間対応可を目指す)

“農家の声と
向き合いました”

「収穫量を最大化できずに収益が下がってしまう」「生産をしても収穫をする人がいない」「パートさんのマネジメントが大変」「収穫する人がいないと自分は休めない」など、農家さんのリアルな声に聞き、パートナーである農家さんと一緒に開発研究を進めました。

野菜品目
ピーマン・キュウリ
導入費
1,500,000円(予定)
手数料
ロボット収穫分の売上10%
動作環境
ビニールハウス内の農場
収穫速度
自動収穫(目標平均2個/分)
区画移動
吊り下げ式(国際特許申請中)
画像認識
複数果実を認識
収穫ハンド
2度切り(国際特許申請中)
サイズ
縦:70cm/横:25cm/高さ:100cm(予定)
重さ
10kg(予定)