AI×収穫ロボット開発!社会的企業として農業課題を解決する取り組みでパナソニックアプライアンス社賞を受賞

〜リバネス社・宮崎県が主催する「宮崎テックプラングランプリ」にて企業賞を受賞〜

宮崎県から世界を変革する力をもったアントレプレナーを発掘・育成し、世界の課題の解決と地域における新たな産業創出を実現することを目指すプログラム MIYAZAKI TECH PLANTER(宮崎テックプランター、主催:宮崎県・株式会社リバネス)。2020年2月1日(土)に開催された「第3回宮崎テックプラングランプリ」では、ファイナリストに選出された9チームによる熱いプレゼンテーションが展開され、AGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町、代表取締役:齋藤潤一、以下アグリストという)は、パナソニックアプライアンス社賞を受賞しました。今後益々、農業所得の向上と地域雇用の創出を目指し、オープンイノベーションと産学官連携を推進していきます。

社会の課題解決を目指すビジコンで、収穫ロボットが企業賞を受賞

宮崎県から世界を変革する力をもったアントレプレナーを発掘・育成し、世界の課題解決と地域における新たな産業創出を実現することを目指し、宮崎県と株式会社リバネスが主催するプログラム「宮崎テックプランター」。2020年2月1日(土)、研究成果を自立的かつ継続的に社会実装していくための契機を獲得する場として、「第3回宮崎テックプラングランプ」が開催され、ファイナリスト9チームによるプレゼンテーション​が行われました。

【第3回宮崎テックプラングランプリの概要】
・趣旨と目的:
宮崎県から地域資源を活かしたイノベーションを巻き起こす新たな産業の創出を目指し、MIYAZAKI TECH PLANTERを実施。宮崎県内の産学金官の英知を結集し、技術シーズを持ったチームを発掘・育成する事を目指し、「第3回宮崎テックプラングランプリ」が開催されました。
・グランプリ:第3回宮崎テックプラングランプリ 最終選考会
場所:県電ホール/開催日時:2020年2月1日(土)13:00-18:30
ホームページ:https://techplanter.com/miyazaki2019/

【パナソニックアプライアンス社賞を受賞】
アグリストは、農業の人手不足を解決する社会的企業として、AIを活用した自動収穫ロボットの開発とレンタルサービスについて発表。農家と共にスマート農業を実践することによって、農業所得の向上と地域雇用の創出を目指す取り組みが評価され、パナソニックアプライアンス社賞を受賞しました。アグリストは、先駆的にロボティクス業界を牽引する大企業と共に、更なる技術開発や連携を推進していきます。

意義:深刻な農業の人手不足を解決するため、農業の現場で農家とロボットを共同開発

日本の農業者の平均年齢は67歳。高齢化が進むと共に、農業の人手不足は深刻な状況です。このままでは、赤字・低所得の農家が増え、担い手確保と規模拡大が更に困難になります。特に、施設園芸農家にとっては、農作業の50%以上の時間を費やしている収穫・出荷作業の省力化・効率化が重要になります。

従来の農業機械やロボットは、エンジニアや企業の視点で開発を行った結果として、多機能で高額なものになってしまい、多くの農家にとって導入困難であることが課題でした。アグリストは、農場の隣に開発拠点を構えて農家と共同開発することで、農家視点のシンプルで安価な収穫ロボットの開発を実現しています。

関連プレスリリース:
AI×野菜収穫ロボット、農場で運用開始。PCT国際特許を申請し、2020年春から生産販売へ

関連ニュース