「九州・山口ベンチャーマーケット」で、スターットアップ部門大賞を受賞

世界へ翔ばたくスタートアップ企業を選抜し全力で支援するイベント「九州・山口ベンチャーマーケット」が、2020年11月4日(水)に福岡市JR九州ホールにて開催されました。福岡県商工部 新事業支援課を主体とした九州・山口の9県と経済7団体で構成するベンチャー支援組織「九州・山口ベ

ロボット・エンジニアが成長するためには圧倒的主体性が大事

全体のまとめ高専の教員からロボットベンチャーを立ち上げた滝本先生に話を伺いました。ロボット技術が進めば進むほどエンジニアに求められるものは精神性であるといいます。それは、圧倒的主体性をもち、単独でもやりぬく力、そして、チームみんなでゴールに向けて走る力があるかどう

スタートアップの登竜門「スタートアップ・カタパルト」(ICCサミット KYOTO 2020)に弊社COO・高橋が登壇

AIを活用した自動収穫ロボットの開発を行うAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町、代表取締役:齋藤潤一、以下アグリストという)は、2020年8月31(月)から9月3日(木)に京都府で開催される「ICCサミット KYOTO 2020」の「スタートアップ・カタパルト」にアグリス

スマート農業を推進、収穫ロボット開発で「大分県IoT推進ラボ認定プロジェクト」認定

AIを活用した自動収穫ロボットの開発を行うAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町、代表取締役:齋藤潤一、以下アグリストという)は、株式会社ASO(大分県別府市、代表取締役:宮井智史、以下ASOという)と共に、農業分野における人手不足の解 消及び農家の経営改善を目指すコンソーシ

農林水産省のスマート農業技術の開発・実証プロジェクトに採択!自動収穫ロボットを活用した施設園芸野菜の生産管理体制構築を目指します

宮崎県全体で農業課題の解決に取り組む「ピーマン・きゅうりの自動収穫機を活用した生産管理体制確立実証コンソーシアム」として申請しておりました、自動収穫ロボットを活用した施設園芸野菜の生産管理体制構築を実証する事業が、農林水産省のスマート農業技術の開発・実証プロジェクトに採択されまし

全国で産学官連携×スマート農業!茨城県つくば市でAIを活用した農業ロボットの社会実装を目指す共創プロジェクト開始

農作物の自動収穫ロボット開発運用の連携協力で「つくば市未来共創プロジェクト」に採択AIを活用した自動収穫ロボットの開発を行うAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町、代表取締役:齋藤潤一、以下アグリストという)は、つくば市スタートアップ推進室より「つくば市未来共創プロジェクト

NHK総合「共創で挑む農業革命」にて取材紹介されました

NHK宮崎で放送「共創で挑む農業革命」スマート農業を実践する宮崎県新富町が取材されました。25分たっぷり、宮崎県新富町で生まれようとしている農業ロボットや新たなテクノロジーと農家さんに密着取材。その中で、農業の課題である高齢化・担い手不足を農家とベンチャー企業の共創に

AI×収穫ロボット開発!社会的企業として農業課題を解決する取り組みでパナソニックアプライアンス社賞を受賞

〜リバネス社・宮崎県が主催する「宮崎テックプラングランプリ」にて企業賞を受賞〜宮崎県から世界を変革する力をもったアントレプレナーを発掘・育成し、世界の課題の解決と地域における新たな産業創出を実現することを目指すプログラム MIYAZAKI TECH PLANTER(宮崎テック