世界の農業課題を解決するために

世界の農業の課題を解決するチームメンバーを求めています。

私たちは、仕事というのものを「使命ごと」ととして捉えています。それは、単に衣食住を行うためのものではなく、それぞれが持つ使命に基づいて行うもので、ワークアズライフとも置き換えられます。そのような共通の価値観のもと、私たちは仕事をしています。

これから、人類の未来のため、世界の農業の課題を解決するためには、良いチームづくりが必須です。そのため、チームにこだわりを持っています。

ここで働く人たちにとって、自己の成長の場となり、個々が幸福度の高い未来を実現できることが重要です。もちろん、技術的な部分も追求しますが、もっと大切なのは人間性。

AGRISTのミッションとビジョンに共感し、その達成に向けて、自分の使命を全うしようとする仲間を私たちは求めています。

コアバリュー

私たちの中核となる価値観は、「できる方法を考える」ということです。

世界の農業の課題を解決しようとした時、多くの人たちは「できるわけない。もうやめたら。馬鹿やろうだ。」などと言うでしょう。それでも私たちは、失敗を繰り返しながら、前に進むことを止めません。

法政大学大学院教授・一橋大学名誉教授の米倉誠一郎氏は、「転んだ人を笑うな。彼らは歩こうとしたのだ。」と、よく仰っています。私たちは、チャレンジし続ける人を称賛します。そして、自分たち自身が、チャレンジャーであり続けます。

世界の農業の課題を解決するというのは、途方もない夢です。しかし、それを誰かがやってくれるだろうではなく、自分たちがやるという志をもっています。

人類の未来へ続け新たな1ページを描き続けるチームとして、偉大なる航海を共にするボード(乗組員)を募集します。

募集要項

職種
ソフトウェアエンジニア
仕事の内容
農作物自動収穫ロボットおよびその周辺システムの開発
① 組み込み、画像処理、制御
② システム開発全般の上流設計、開発管理
求める人物像
・ビジョンに共感し、農業の課題を解決することにコミットできる方
・スピード感を持ってアジャイルで開発を進められる方
・チャレンジすることが好きな方
必須条件
① 組み込み、制御、画像処理に関する実務経験
② フロントからバックエンド、組み込みまで、全体を広範に見渡せる知識と経験
推奨される経験や能力

・画像処理やDL、点群データを用いた物体検出に関する開発経験
・ハードウェア(メカ)に関する基本的な知識

・ロボットや装置の研究開発の経験
採用予定者数
2名
勤務開始予定日
2020年4月
給与
経歴・実績・資格によって異なりますため、相談の上、決定します。
試用期間
3ヶ月