テクノロジーで農業課題を解決する

農業界にイノベーションを起こす

収穫ロボットで人手不足を解消

テクノロジーで農業課題を解決する

AGRISTは、農業の収穫の担い手不足の課題を自動収穫ロボットで解決するベンチャー企業です。農業が盛んな宮崎県新富町で農家と一緒にロボットを開発しております。

当社の活動は、国のスマート農業実証プロジェクトの認定されており2020年からロボットの販売を開始しております。また2020年は国内のビジネスプランコンテストで8つの賞を受賞。JAアクセラレーターにも選出されました。

ENEOSホールディングスを中心に資本業務提携を行い、100年先も続く持続可能な農業の実現に向けて取り組んでおります。

ニュース

パートナー

事業採択

受賞歴

農家の平均年齢67才という課題を解決

全国的に農業従事者が減少し、農業者の平均年齢は67歳となっています。農業の担い手が不足することで、 空きハウスや耕作放棄地が増え続けています。これは、日本の食と文化が崩壊する危機です。 私たちは、日本の農業をアップデートするために、今こそ奮起する必要があると考えています。 そして、農業の課題の先進地である日本の課題を解決することは、世界の農業の課題を解決することにつながると信じています。

農家の声から生まれた収穫ロボット

農家の声から生まれた私たちの収穫ロボットは、極限まで構造も機能もシンプルを追求した製品です。まずは、手前にある大きいサイズの果実を確実に収穫し、取りこぼしや木の弱体化を軽減することで、収穫量アップと所得向上を目指します。

メディア掲載実績