テクノロジーで社会課題を解決する

AIを活用した自動収穫ロボットの開発を行っています

テクノロジーで社会課題を解決する

農家減少に加え、全国的な人手不足。日本の農業者の平均年齢は67歳と言われ、2015年から2030年までに農業者は約半数になるという予測が出ています。日本の農業は、大きな危機に直面してます。私たちは、農業にテクノロジーをかけあわせ、農業の課題を解決します。

私たちの活動は、フジテレビ「めざましテレビ」などの全国放送で報道され、国のスマート農業実証プロジェクトの認定、ENEOSホールディングスとの業務資本提携、パナソニック賞の受賞など大変注目していただいております。しかし、どれだけ事業が成長しても、テクノロジーで農業課題の解決という使命をぶらさずに、農家さんの声を聞きながら活動を継続していきます。

農家の平均年齢67才という現実

全国的に農業従事者が減少し、農業者の平均年齢は67歳となっています。農業の担い手が不足することで、空きハウスや耕作放棄地が増え続けています。これは、日本の食と文化が崩壊する危機です。私たちは、日本の農業をアップデートするために、今こそ奮起する必要があると考えています。そして、農業の課題の先進地である日本の課題を解決することは、世界の農業の課題を解決することにつながると信じています。

AI収穫ロボットを開発し
農業の担い手不足問題を解決

「きつい・儲からない」から「楽しく・儲かる」農業へ変えるため、人手と時間を要する収穫作業を行うロボットを開発し、日本の農業が抱える担い手不足という課題を解決します。ロボットができる部分は自動作業に変えて、創造性の高い部分を人がする。農業の魅力と価値を高めることで、担い手の育成にもつなげます。